KL-REF

 
150,000 
サンプルはGalleryのカラー&フェイスプレートオプションサンプルページをご確認下さい
サンプルはGalleryのカラー&フェイスプレートオプションサンプルページをご確認下さい
選択したコネクタに合わせて付属ケーブルのコネクタも変更されます
MMCX 2ピン 2ピン(埋め込み)
カナル先端をシェルカラーとは別の色にするオプションです(ディープブルー、レッド以外のカラーは対応出来ません)
カナル先端をシェルカラーとは別の色にするオプションです(ディープブルー、レッド以外のカラーは対応出来ません)
​ロゴマークを選択した場合、ロゴ位置はフェイスプレートセンターのみとなります
​ロゴマークを選択した場合、ロゴ位置はフェイスプレートセンターのみとなります
金属(アルミシルバー) マカロン 木箱
​付属のケーブルをオリジナルオプションケーブルに変更します
アートワーク画像など(お客様が著作、意匠権などをお持ちでない画像はアートワークとして使用出来ません)10MBまで
kl-ref
在庫切れ

ダイナミック2+BA3のハイブリッドモデル

FOSTEX製9mm ダイナミックドライバx2

9mmのダイナミックドライバを2機使用し、BAドライバでは得ることが難しい歪の少ない低域を実現しています。
2機のドライバを直列で使用することで1%以下の歪率を実現しました。

低域を調節するボリュームを搭載可能

本モデルでは低域の量感を調節出来るボリュームオプションを用意しました。
これにより、弾むような量感の低域から繊細な高域表現を邪魔しない程度の量感まで幅広いレンジでの調節が可能です。
お好みに合わせて低域の量感を調節し、音楽鑑賞する上でのご自身のReferenceを発見して下さい。

ダイナミックドライバ専用設計ハウジング採用

2機のダイナミックドライバを収めるハウジングは、専用に設計したものを3Dプリンタで出力。
物理的なローパスフィルタの内蔵や、排圧機構の設置など、専用設計ならではの工夫を致しました。

排圧機構は、IEM装着時にダイナミックドライバにかかる空気圧を逃し、振動板の変形を抑え快適な音楽鑑賞をサポートします。

High 2 BA Driver
Mid 1 BA Driver
Low 2 Driver

・「試聴機プレデリバリー」サービスについて

カスタムIEMはオーダメイドという性格上、ご注文頂いてから完成品のお届けまで一定期間お待ち頂く必要がございますが、
この間にも製品の音をお楽しみ頂く為、製作期間中に試聴機を貸出致します。

本サービスは弊社サイトでのカスタムIEMのご注文全てに適用されますが、 試聴機の数には限りがある為、各機種在庫制での受注となります。

何卒ご了承下さい。

・一緒に使用する機材 WM1A, AK70
・聴く曲のジャンル 主にRock
・購入の決め手 ハイブリッド型が好きなこととイベントで試聴して好みだったので。
・外観について
 螺鈿でなくてもかっこいいデザインはあると考えたのが、このフェイスプレートでした。
 他社でアルミプレートがヘアライン風ではなくプレーンなのはあまり見ない気がします。
 これに同色のシルバーロゴを合わせることによって、遠くから見たらわからないけど、
 近くで見るとくみたてLab製品であることがわかる、という目立たないながらもオシャレな
 デザインになったかと思います。私が元祖です!
 シェルの綺麗さは皆さんおっしゃってるのであえて言及はしません。
 画像についてはサイトのGalleryからご覧下さい!
・音について
 ダイナミック型のイヤホンが大好きなので、好みの低音かどうかが大きなファクターでした。
 特筆すべきは低域の可変ボリュームがどの位置においても音のバランスが取れているということです。
 D2発にも関わらず、低音Maxにおいても低音が支配的ではなく、純粋に音楽を楽しめる音になっているのは驚きです。
 サ行の刺さりもなく、聞いていて楽しいイヤホンです。
 ハイブリット型のカスタムは他に数個持っていますが、一番出番が多いです。
 ・その他
 ボリュームオプションだけでなく、ダイナミックドライバのハウジングだったり、
 排圧機構など、これでもかという技術が内部に組み込まれていてシェル造形だけでない、
 技術の高さが光ります。
 それと文章で説明するのは難しいのですが、埋込み2pinはソケットを既製品のパーツを使っておらず、
 透過性のカラーを選んでもデザインの邪魔をしないようになっています。これは嬉しいです。
 ダイナミック型、ハイブリッド型のイヤホンが好きな人にはお勧めの機種かと思います。
・一緒に使用する機材
ポタ:DX80(LINEOUT )→自作ポタアン(ボーカル中心に上下それぞれキレイめに鳴る感じの傾向)
PC:nanoiDSD→音松ポタアン(OPA604載せ替え)
   再生ソフトはTuneBrowserを使っています。

どちらも音源はCDからDSD128に変換したものを聞いています。

音松ポタアン→http://www.otomatsu.jp/OTOMATSUHPA.html

ちなみに、ユニバのイヤホンでは「DM200h」、「Flat4-涛」、「10pro」あたりが好みです。

・聴く曲のジャンル
 アニソン (女性ボーカルメイン。最近はアイマス、デレマス)
 打ち込み系(korskさんとかRyu☆さんとか)

・購入の決めて
ヘッドホン祭で何度か視聴をしまして、何度視聴しても期待通りのパフォーマンスを発揮してくれたので決断しました!
具体的には以下2つが購入の決め手となりました。
 ①空間表現(音場の広さ)
  ボーカルが中央でしっかり鳴っていて、楽器類がその後ろで鳴るようなボーカルを邪魔しない鳴りかたがかなり好みです。
  また、音場は広いほうが好きなのですが、REFは広すぎず狭すぎずでちょうどいいのが超好みです。
 
 ②ハイブリッド機特有の中低域のしっかり感と高域のクリアさの共存
  鳴ってる音はある程度のバランスで全部聴きたい派なので、中低域のしっかり感と高域の繊細さはかなり重要視しています。
  たまに聞くダンスミュージック系もパンチの効いたキックとクリアなメロディラインでガッツリ盛り上げてくれます。


・外観について
 シェルの透明感がかなりキレイです!透明感があって、表面の処理もツヤツヤで感動しました!
 開封の瞬間一目見たときに感動しすぎて顔がにやけ顔になってしまうですね。
 中の配線もキレイに処理してあって感動しました!特にオルタナ回りは本当にありがとうございましたという感じでした!
 アンプを作る程度ですが、電子工作を少々嗜んでいるので、この作業の大変さはよくわかります!

・音について
 購入の決め手のところに結構書いてしまいましたが、その点も含めて色々書いておきます。
 ①と②は伝わりやすいように具体例書きました。

 ①ボーカルを中心にした広めの音場
  鳴ってる音は全部聴きたい派ではあるのですが、ボーカルと楽器類は混ざり合わないくらいで近すぎず遠すぎずでというのが好みです。
  REFはこの点を高次元で実現できていると思います。
  デレマスの「Nocturne」のサビとか、しっかり楽器とユニゾンを解像して鳴らしてくれるので気持ちよく聞けます。

 ②上から下までしっかりキレイにバランスよく鳴ってくれる
  上でいうと、デレマスの「SnowWings」のイントロ部分の不思議な音色の楽器の音や、キラキラ音がかなり気持ち良く鳴ってくれます。
  シンバルやハイハットなど、金属類の表現も刺さらずしっかり余韻まで鳴ってくれるところも良いですね。
  下でいうと、同じくデレマスの「Tulip」のイントロ部分のベースが輪郭がはっきりしていてかなりカッコいい!
  そのほか、タム回しとかもかなり良い感じです。

 ③VR付きの良さ
  オプションではありますが、VR付きで低域の量感を調整できるのがいいですね。
  VRを回していったときの挙動の変わり方はかなり好みです。
  単純に低音が増えるだけでなく、中域の質感も変化しているように思えます。
  最初は0まで絞って聞いていましたが、現在は、VRを真ん中にして聴くのがマイブームになってます。
  こうするとヘッドホンに近い鳴り方になる気がします。

 ④ポタアンの有り難み
  これまで聴いてきたイヤホンたちと比べると、ダントツにアンプ使用時の優位性を感じる機種だなと感じています。
  DX80やXperia等に直差しするだけでも、もちろん素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。(初めは直差しで使ってました)
  しかし、一度ポタアンの良さを体感してしまうと、手放せなくなりました。
  高域の上端の鳴りかたや低音の質感、各音の輪郭のはっきり具合がダンチです。(もちろんポタアンとの相性にもよりますが。)
  ポテンシャルが計り知れないイヤホンだなと感じています。

・その他
 ①コネクタについて
  オルタナティブコネクタの2pinとMMCXの位置が逆ならいいのになぁ
  とか思ってtwitter見ていたら最近のは逆になってるんですね(笑)
  しばらくは2pinで行くつもりなので当面は不自由しなさそうですが、MMCXはコネクタの形状を選びそうです。

 ②意外な用途
  サラウンドゲーミングヘッドセットについてきたUSBインターフェースにつないでみたところ、
  かなりいい感じにサラウンド表現をしてくれました。
  FPSとかで足音の方向も距離感もはっきりわかる感じです。
  想定された用途ではないと思いますが、意外といい感じだったので記載しておきます。
KL-REF ボリュームオプション

使用機材: NW-WM1A / NW-ZX100
聴く曲のジャンル: ロック(X JAPAN/ラルク/MR.BIG)、 JAZZ(バンド形態の)、クラシック、インスト(弦楽器ソロ)など
購入の決め手: くみたてLabさんの製品だから。また、製品全体の美しさはもちろん、フェイスプレートもユーザーの希望に沿って叶え、具現化して頂けるところ。また、このKL-REF Vは低域を調整可能であり、それにより音の変化を楽しめる。さらに、解像度も高いので。
 外観: シェル全体もフェイスプレート共に美しい!CIEM業界随一!の造形美の高さがある。
音について: 個人的には、高域は繊細 / 中域は出すぎずも、主張あり / 低域はボリュームを上げれば弾力があり、下げてもはっきりと主張少なくともタイトに鳴っています。 また、各帯域の主張がきちんとありつつも、まとまり、解像度は高い。低域を最大に上げても音が潰れなく、他の帯域を邪魔しない。全体的に音は、シャキリとした感じを漂わせつつ、清涼感のある音で明瞭な感じがします。変にシャープだったり、ガツンとしすぎた諄さとは無縁の爽快な音かと。また、曲のジャンルは選ばず、オールマイティに対応可能な感じです。 それでも、ボリュームをあげれば、特にロックやジャズへの相性が上がると思います。
 その他: 個人的に、音も見た目も独創的で素敵なくみたてLabさんの製品は、一つ注文して手にした際に「次はどの機種にしようか」と思わず新たな購買欲を掻き立てられます。このCIEM業界、他にも選択肢がある中で、現に私自身、くみたてLabさんの製品は複数所有しています。カスタムが初めて迷われる方には、オススメしたいメーカーさんです!
 後、『Kumitate Lab』と刻印されたメタリックな感じの、複数のCIEMを収納可能なオリジナルケースを販売して欲しいです!!
KL-REF ボリュームオプション

一緒に使用する機材
 AK70改乙・XDP-100R

聴く曲のジャンル
 サウンドトラック・ミュージカル音源・アイドル・Pops・Jazzなど

購入の決めて
 シェルが綺麗だという評判を耳にしたことがあり、また昨年9月に福岡で開催して頂いた(呑みk……ゲフンゲフン)試聴会にて丁寧に対応してくださったため。

外観
 評判通りの美しいクリアシェルと、アルミニウムFPに無理を言って入れて頂いたメタリックグリーンとメタリックブルーのロゴのコントラストが素晴らしいです。

音について
 基本的には録音に厳しく、またある程度の駆動力を要します。
ボリュームオプションによる音のバランスの変化についてですが、REF位置ではリファレンス寄りのすっきりサウンドで、Vo(特に女性)にフォーカスがあたっており、高域の余韻は大人しく、低域はフラットというよりは少し多めに出るものの歪みは一切ありません。
低域を最大にすると、量感は豊かになりますが、ここでも歪みは一切無く、かつ中高域に被らないため、心地よく聴くことが出来ます。
私個人は普段、ダイヤルをREF位置から180°回転させた位置で使用しています。ここは、自分の中では低域が最も美味しく鳴っている位置で、バスドラム(ツーバスの連打など)のリアリティは他のイヤホンでは敵わないと思います。

その他
 メタリックグリーン発表の当日にロゴカラーの変更を受け入れてくださりありがとうございました。
この機種が初めてのCIEMとなりましたが、大満足の結果となりました。
一緒に使用する機材...Fiio X7、AK70、CypherLabs AlgoRhythm Picollo、mogami2944 8芯自作ケーブル、mogami2799 4芯自作ケーブル

聞く音楽のジャンル...アニソン、ポップス、ロック、ジャズ、ゲームサントラ

購入の決めて...ボーカルと低域の弾力、年末年始キャンペーン、うましさんの面白さ(笑)

外観について...イグアナサンバーストは想像以上にきれいです。ボトルグリーンのシェルも透明感があり、カナル部とヘリクス部はレンズ効果で特に美しい仕上がりです。

音について...決め手にあったとおり、ボーカルの明瞭さがとても心地いいです。低域はキレがあるのに柔らかく、弾力が感じられてとても不思議な感覚を受けます。
やはりダイナミックはいいなと思わせてくれます。

その他...最初に届いたときはかなり遮音性が低く、低音がほとんど抜けており、手で押さえつけていないと聞けたものではありませんでした。
しかしきちんと遮音できると、上記の通り心地よい音が流れます。一度リフィットに出して少々改善はしましたが、まだ完全ではないのでもう一度出して様子をみたいと思います。
そのため、評価は3.5とさせていただきます。
・KL-REF ボリュームオプション
・一緒に使用する機材 
AK70+mojo+phonoka+ or ラズパイオーディオ

・聴く曲のジャンル 
J-POP、HR、HM、テクノ、オケ、その他

・購入の決めて 
アンプを通して試聴した時の音質が良かったため
・外観について 
ある程度のイメージをお伝えした上で、完璧なものを作っていただきました
シェル、フェイスプレート等これ以上の美しさは無いんじゃないでしょうか

・音について 
普段低域Vol.は6割くらい、低域の質感量感は完璧です
引き締まったベースラインがとても気持ちいいですし、中高域に関しても非常にキレイな鳴り方です
とにかく音楽を楽しく聴ける機種ですね

・その他
今ではKL-REFが本当に自分にとってのリファレンス機になっています
唯一の欠点としては、あまりにも美しいので普段使うのが若干躊躇することでしょうか(汗)
・KL-REF ボリュームオプション Type-S
・一緒に使用する機材:AK70・Mojo・HUM ClassA       Amp

・聴く曲のジャンル:Rock・Pops・J-Pop・EDM・Classic

・購入の決めて:KL-REFの購入は以前から検討していたが、限定モデルが昨年(2016年)発売されると発表された瞬間からいてもたってもいられなくなり、試聴もせずに、受注開始直後に螺鈿じゃないモデルをオーダーし、翌日螺鈿がオーダー出来ることがわかって変更しました。

・外観について:世界に一つだけの螺鈿デザインと、かなり薄いピンクのシェルは、手持ちのカスタムIEMの中で、一番透明度が高くそしてとてつもなく綺麗です。

・音について:ボリュームオプションを12時の位置で聴いた時の感想になります。
REFの名前の通り、生まれもって自分の評価のリファレンスになるイヤホンです。ダイナミックドライバを2個、BAドライバを3個搭載したハイブリッドイヤホンですが、現代のハイブリッドイヤホンらしく絶妙なバランスでチューニングされているので、低音中音高音が変に主張することなくバランス良く聴かせてくれます。
だからといって、聴いていて楽しくないのか?というとそうではなく、バンド系の音楽ならスピード感をスポイルすることなく聴かせてくれますし、クラシックも重厚さを失うことなく聴かせてくれます。
EDM系は重低音よりも中高音域のキラキラ感がとっても美しいのが良いです。
そして何よりも、Type-Sは某アイドル系リズムゲームの1人のキャラの歌声を最高に気持ち良く聴くことが出来るチューニングにしているので、女性のボーカル曲はこれがあれば他は要らないくらいですね。
ボリュームオプションのおかげで、低音に厚みを出したい時はMAXにすればいいですから、気分や体調に合わせて変化させられるのも良い所だと思います。

・その他:2017年5月現在も唯一の螺鈿 KL-REF Type-Sは、所有していることの満足度が非常に高いです。なんせ、第一号ですから(笑)
・KL-REF Type-S
・一緒に使用する機材: Licht、Erde、Orb-Clear Force + WM1A、A35
・聴く曲のジャンル: POP & ROCK & Female Vocal (女性ボーカル)
・購入の決めて: デモ後、Type-Sを大好きになってしまった
・外観について: 赤いのテーマ、「カリン」フェイスプレートとレッドシェルカラー
・音について: すみません、私は日本語がじょうずではありませんから、英語のレビューです。

General: Great resolution and excellent soundstage performance. Instruments and vocals are clear and highly refined. Compared to the neutral and reference KL-REF, the KL-REF Type-S has a more distinct and characteristic sound tuning, with an emphasis on the mid to high frequency range.
Bass: The dynamic bass of the seems to take a step back compared to the original KL-REF? But the impact dynamic bass presence still provide an warm and “enveloping” soundstage. 
Mids: Midrange is slightly thick and forward. Making female pop vocals extremely poisonous and addictive on the KL-REF Type S. Furthermore, the vocals has great harmonic coherency with instruments like piano, violin etc, producing a "thick yet resolved" unique tone of the entire recording/track.
Highs: With a clear high frequency, it is very obvious to pick up the details. But with the dynamic bass, I find it really amazing that the details won’t be overpowered by the bass.
その他: Irregardless whether its instrumental or vocals, the fowardness of the mids really excel in conveying the details and mood along with the change in musical atmosphere and emotional expression of the singer!! 
・一緒に使用する機材
NW-WM1A
AK70&Mojo
・聴く曲のジャンル
イージーリスニング
ジャズ
クラシックetc.
・購入の決めて
ネットでのレビューとインプレッションを採っていただいた補聴器屋さんでのお勧め
・外観について
シェルがとても綺麗です!
フェイスプレートはグリッター赤と青に、シェルはピンクとライトブルーにしましたが、予想以上でとても良い感じに仕上がってきて嬉しく思っています。特にグリッター赤とピンクの組み合わせは可愛くて女性にオススメだと思います。
・音について
第一印象は「澄んだ音がする」でした。高音から低音まで、とてもすっきりとした、綺麗な音を鳴らすCIEMです。ボリュームオプションで低域をいじるとジャズのベースラインが小気味良く聴こえます。ハイブリッドだけあって、これまで作製していただいたCIEM達とは一味違う感覚が(特に気持ちの良い低音が出るところ)お気に入りです。
・その他
普段管楽器を吹いていますが、結構リアルに生の楽器に近い音が聴こえてくる、とても良いCIEMです。マニアではなくても良い音で音楽を鑑賞したい人に最適です。
・KL-REF

【一緒に使用する機材】

・AK70
・iPhone6

AK70にKumitateLabオプションケーブルのerde blackでバランス接続して聴くのがメインです。2.5mm→3.5mmのアダプタを介してiPhone6で聴く時もあります。

【聴く曲のジャンル】

何でも聴きます。

【購入の決め手】

音、ドライバ構成、価格(当時)、機種のロゴ、『   限   定   』FP。

【外観について】

シェルカラー(L):アイスブルー
シェルカラー(R):アイスブルー
FPオプション(L):サンバースト 03
FPオプション(R):サンバースト 03

FPの色に近い色で固めました。透明度はciemメーカーの中でもかなり高い方に思います。

【音について】

フラット。ハイブリッド型らしくない自然な音にDDの空気感がプラスされた感じです。低域の表現力は唯一無二と感じました。

【その他】

技術力の塊。DDまわりを含め、設計がよく考えられていて素晴らしい。良いものです。
レビューを書く