KL-REF

 
150,000 
低域の調整機構を追加します
サンプルはGalleryのカラー&フェイスプレートオプションサンプルページをご確認下さい
サンプルはGalleryのカラー&フェイスプレートオプションサンプルページをご確認下さい
選択したコネクタに合わせて付属ケーブルのコネクタも変更されます
MMCX 2ピン 2ピン(埋め込み)
カナル先端をシェルカラーとは別の色にするオプションです(ディープブルー、レッド以外のカラーは対応出来ません)
カナル先端をシェルカラーとは別の色にするオプションです(ディープブルー、レッド以外のカラーは対応出来ません)
​ロゴマークを選択した場合、ロゴ位置はフェイスプレートセンターのみとなります
​ロゴマークを選択した場合、ロゴ位置はフェイスプレートセンターのみとなります
金属(アルミシルバー) マカロン 木箱
​付属のケーブルをオリジナルオプションケーブルに変更します
アートワーク画像など(お客様が著作、意匠権などをお持ちでない画像はアートワークとして使用出来ません)10MBまで
kl-ref
受付可

ダイナミック2+BA3のハイブリッドモデル

FOSTEX製9mm ダイナミックドライバx2

9mmのダイナミックドライバを2機使用し、BAドライバでは得ることが難しい歪の少ない低域を実現しています。
2機のドライバを直列で使用することで1%以下の歪率を実現しました。

低域を調節するボリュームを搭載可能

本モデルでは低域の量感を調節出来るボリュームオプションを用意しました。
これにより、弾むような量感の低域から繊細な高域表現を邪魔しない程度の量感まで幅広いレンジでの調節が可能です。
お好みに合わせて低域の量感を調節し、音楽鑑賞する上でのご自身のReferenceを発見して下さい。

ダイナミックドライバ専用設計ハウジング採用

2機のダイナミックドライバを収めるハウジングは、専用に設計したものを3Dプリンタで出力。
物理的なローパスフィルタの内蔵や、排圧機構の設置など、専用設計ならではの工夫を致しました。

排圧機構は、IEM装着時にダイナミックドライバにかかる空気圧を逃し、振動板の変形を抑え快適な音楽鑑賞をサポートします。

High 2 BA Driver
Mid 1 BA Driver
Low 2 Driver
・KL-REF

【一緒に使用する機材】

・AK70
・iPhone6

AK70にKumitateLabオプションケーブルのerde blackでバランス接続して聴くのがメインです。2.5mm→3.5mmのアダプタを介してiPhone6で聴く時もあります。

【聴く曲のジャンル】

何でも聴きます。

【購入の決め手】

音、ドライバ構成、価格(当時)、機種のロゴ、『   限   定   』FP。

【外観について】

シェルカラー(L):アイスブルー
シェルカラー(R):アイスブルー
FPオプション(L):サンバースト 03
FPオプション(R):サンバースト 03

FPの色に近い色で固めました。透明度はciemメーカーの中でもかなり高い方に思います。

【音について】

フラット。ハイブリッド型らしくない自然な音にDDの空気感がプラスされた感じです。低域の表現力は唯一無二と感じました。

【その他】

技術力の塊。DDまわりを含め、設計がよく考えられていて素晴らしい。良いものです。
・一緒に使用する機材: Erde-4.4+WM1A, Orb-Clear Force MMCX+A35
・聴く曲のジャンル: POP & ROCK & Female Vocal (女性ボーカル)
・購入の決めて: Curiosity (こうきしん)
・外観について: くみたてLabの螺鈿設計はとてもきれいですね!素晴らしい!!
・音について: すみません、私は日本語がじょうずではありませんから、英語のレビューです。
General: Reference/Neutral in-ear monitor, without much colorations in any of the frequency range. 

Bass: Impactful deep bass rumble/vibration, and the presentation of drums is really very impressive and realistic. Make it super addictive when listening to rock song. Overall texturing of the bass presentation is very well done, though the bass presence is very strong at MAX but it doesn’t interference with the other frequencies.

Mids: The mids have a natural approach, without being too thicked or forward. Vocals sound very raw and giving a well-layered and emotive presentation.

High: Well smoothened out highs, but had also maintained a good high frequency extension and clarity. Presenting a great sound separation in this range, making the overall soundstaging and atmosphere very cohesive.

・その他: Still listening to KL-REF on frequent basis after owning it for almost 2 years!! This iem scales really well according to the source and cable as well.
・KL-REF ボリュームオプション Type-S
・一緒に使用する機材:NW-WM1A・AK320+AMP・AK100ⅡRED
・聴く曲のジャンル:J-POP(女性ボーカルが7:3くらい)
・購入の決めて:KL-REFを視聴して購入を考えていた時にTypeSの存在を聞き視聴したところ好みと一致した為
・外観について:他のメーカーのカスタムイヤホンも所有していますが、一番きれいです。
・音について:ハイブリッドらしく、低音は歯切れの良い自然な音で、
       高音も刺さることなく伸びます。
       ボーカルはスッキリしていて女性ボーカルとの相性が良いです。
       ボリュームオプションを最大にすると低音の迫力が増しますが、中高音が埋もれることも無いです。
・その他:結構音量上げないと音が小さいので評価から-0.5させてもらいました。
レビューを書く