写真は試聴機です

KL-Sanka Mk.K

 
135,000 
Please check Gallery>>"Color & Faceplate Option Sample"
Please check Gallery>>"Color & Faceplate Option Sample"
Bubbles may remain.
MMCX 2ピン 2ピン(埋め込み)
メタルケース マカロンケース 桐箱
kl-sanka-mk-k
In stock

Sanka-Mk-B is for the usage of listening "the ultimate level of the tube distortion sound".
This design is based on KL-Sanka 3Driver2way orthodox sound..
Sound pressure of Mk-B is 20Hz~150Hz for Low and over 10kHz for High.

KL-Sanka Mk-K is thicker vocal band frequency than Mk-B and more stressed High sound feeling before the limitation of High sound area.

Release date:
2016
Driver Unit:
3 BA Driver 3 Way (Low 1, Mid 1, High 1)
Sensitivities (dB/mW):
100
Accessories:
Cable (Prime), Case
オーダー第一号者です。

豊かな低音を軸にリスニング向けのサンカを更に刺激的にしたサンカMk-B、
そこから限界まで踏み込んだのがサンカMk-Kじゃないかと。

初めて試聴した時サンカMk-Bは低音強いなとは感じましたけど、
ロック系の曲にはとても合っていていいなと思いました。
そのすぐ後サンカMk-Kを聞いたら、正直言いますとこれはやりすぎだ(笑)というのが第一印象でした。
ドンシャリ感が更に強くなり、ん?これダイナミック入ってるっけ?と錯覚するぐらいの低音、勿論高域もシャリシャリ。
ただその中で一番気になったのは、多くの方も感じていたであろう、サ行の刺さりでした。

では何故サンカMk-Kをオーダーしようと思ったのか。
ダイナミック好きの私は低音を重視していますが、
ここまでの低音を"BA"が出せることにとても驚いたからです。
量感を大いに感じつつも籠らない唯一無二の低音。これが決め手です。
サンカMk-Bの方が刺激的と言いつつもまだ聞きやすいです。
でも男ならサンカMk-Kだな!と当時の私は思ってました。

で、実機が届くまでに…というのはさておき、実際にカスタムを聞いた時
また驚きました。
「そこまで刺さらない!」
これはもう衝撃です。試聴機で一番懸念していた項目だったので。
はっきり言って試聴機とは別物です。実機はメチャクチャ良いです。
(実際にイベントでは試聴機とカスタムの音の違いをイメージ図で説明されるようになりました。)

初めてのカスタムには選ばない方がいいと思いますが(笑)、
ダイナミックが好きな方、刺激が欲しい方、人と違った物が欲しい方、
是非オーダーしてみてはどうでしょうか?

そしてオーダーされた奇特な(失礼!)方にはこの言葉を。
「こちらの世界へようこそ!」
Write a review